北区|十条|赤羽|江戸川橋|交通事故治療サポートガイド【ふじ見鍼灸整骨院】
HOME>交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ったら

まずは警察に届出を出しましょう。
※自賠責保険、任意保険どちらにも必要な事故証明を受け取れます。 (事前に当院にご連絡いただければアドバイスさせていただきます。)
他にも以下の情報を控えておくと、スムーズです。
相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名等... 上記は、あくまで手続き上のことですが、一番大事なのは、もちろんご自身の体なので、 信頼のおける医療機関でCTやMRIなどを用いた精密検査を受けることをお勧めします


まずは警察へ交通事故の届出
お電話および、直接ご来院 加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。) また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。
相手(加害者)の情報を収集
お電話および、直接ご来院 相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、 他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)
現場での目撃者を確保
お電話および、直接ご来院 万が一、相手方とトラブルになった際などに第三者の意見は効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、協力を得て、証言をメモしましょう。氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。
現場の記録
お電話および、直接ご来院 事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。
病院にて医師の診断を受ける
お電話および、直接ご来院 交通事故の治療には医師の診断が必要です。 (当院での、診断の場合『交通事故の治療を希望』とお伝えください。)
保険会社へ接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝える
お電話および、直接ご来院 保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。
治療は整形外科?それとも整骨院?
基本的には、病院や整形外科はレントゲンなどの映像を基にした治療が中心となってくるので、骨折や脱臼など骨に異常や転移がありそうな場合は、そちらに掛かった方がいいかもしれません。
それ以外の痛みに関しては、軟部損傷の可能性が高いので、手技術を主体とした治療を行う、接骨院、整骨院がおすすめです。
医師から診断書を書いてもらう場合、気になる体の場所は全て伝えてください。
自賠責保険の場合、保険会社は通院日数が掛かるほど支給する額が大きくなるので、なるべく早くケガを治して欲しいと言うのが本音です。
(中には納得いくまで治療に専念してください。という良心的な所もあります。)
なので、例えば1番痛いのは首だった、腰も少し気にはなったけど、首と比べると断然楽だったので、診断は頚部のみだった。 
このような場合、基本的には腰の治療はできません。治療期間に関しても1ヶ所のみの治療ですと、早く治ると思ってますので、2ヶ月くらいで「もうそろそろ・・・治療を終わりにして欲しい」という感じになってきます。
このような事態を避けるためにも、気になる場所はきちんと診てもらってください。手続きの途中でも治療を受けることは可能なのでご一報下さい。